top of page
検索
  • 執筆者の写真早川美水

年末年始に生活が不規則になってしまう場合

更新日:2月2日



■生活が不規則になる原因


年末年始に限らず長期の休みは生活が不規則になりやすいです。

気が付くと夜型になってしまい、休み明けの仕事や学校が辛いと感じることは珍しくありません。


なぜ朝型の人間が夜型になってしまうのか?


理由は「体内時計の乱れ」です。


体内時計とは、サーカディアンリズムを形成するための信号を発振する機構で、視床下部の視交叉上核という所に存在しています。

※体内時計は生物時計と呼ぶ場合もあります。

※サーカディアンリズムは概日リズムと呼ぶ場合もあります。


体内時計は約25時間周期で変動し、サーカディアンリズムを作り出します。

このサーカディアンリズムが睡眠や食欲、体温などに影響を与えます。

サーカディアンリズムが正常であれば夜に睡眠が深くなり、朝は目覚めやすく、食欲についてもお昼頃に空腹を感じることが一般的になると言われています。


また、体温も夜間に下がり朝に上昇するという正常なプロセスを実行します。


これらのリズムを保つには毎朝太陽の光を浴びる必要があります。

太陽の光を浴びることで約25時間の周期がリセットされ、1日の時間である24時間の周期に合わせることができるのでリズムがずれることなく生活を送れます。

※太陽の光に関してはセロトニンやメラトニンの関係性もありますが、長くなりすぎてしまうので説明は割愛します。


なお、太陽の光と言っても曇りの日でも問題ありません。

※蛍光灯などの光は効果はありません。



■体内時計が乱れるとどうなる?


体内時計が乱れると睡眠障害やうつ病、肥満、糖尿病などの生活習慣病、その他免疫、アレルギー疾患、さらにガンの発症にも繋がることが分かっています。


睡眠障害やうつ病に関しては体内時計の乱れ以外の原因で発症した場合でも、その後の生活の送り方によって体内時計も乱れてきます

その結果、うつ病が悪化し本来必要のない薬を処方されることになってしまうのです。


しかし、太陽の光を浴びることでリズムが安定し、薬物フリーで眠ることができ、朝も目覚めやすくなります。

その他の薬も必要なくなります


一日に10種類以上の薬物を服用しても全く効果がなく医者も困惑し、更に点滴、注射による治療を受けていた精神障害と発達障害の私自身も太陽の光を浴びることでリズムが安定し、緩解までもっていくことができました。


私は現在も薬物フリーです。


もちろん、太陽の光を浴びるだけではあまり効果は期待できません。

運動、食事も適切に行うことで初めて効果が出てきます。



■朝よりも夜の方が調子良い場合は?


太陽の光を浴びたうえで運動、食事、睡眠を適切にしても朝型にシフトしない、寧ろ夜になると調子が良くなるという場合、もしかしたら遺伝子レベルで夜型の可能性があります。


この場合、朝の仕事をしている人は夜の仕事への転職や個人事業で開業などいくつかの選択が可能ですが、選択の余地がない生徒や学生は非常につらいと思います。

会社や学校で遅刻を繰り返している方は、まずは自分が朝型か夜型かエビデンスを基に確実に見極める必要があります。



■リズムを維持する難易度が高いと感じる場合

太陽の光を浴びる、運動、食事、睡眠を一度にすべて実行するのは難しいと思うので、すぐに行動できる人はまず太陽の光を浴びることから始めてみてください。


例え夜更かししてしまい朝方に寝ることになっても、寝る前に太陽の光を浴びてから寝るようにしましょう。


夜に寝て朝起きれるようになると自然に気分も高揚し、「少し運動してみようかな」と考え始めるようになります。

その時に散歩に行ったり室内でトレーニングなどすればよいので、決して無理はしなくて大丈夫です


その後、効果が出始めると「食事にも気を使ってみようかな」と考えるようになります。

ここまでくるとリズムの正常化は近いです。


年末年始に正常なリズムを維持することで来年からの仕事、学校もこれまでとは違う気持ちで受け入れることができるでしょう。



■不規則からの脱却で私が得たもの

先述した薬物フリーの件以外で私が得たものは、下記の完治です。


・花粉症

子供の頃から悩まされていた花粉症完治しました。

不規則からの脱却が直接的な原因というよりは、脱却するために食事を変え、添加物をほとんど摂らなくなったことにより本来持っている免疫力が正常に機能したと考えています。


・毛孔性角化症

二の腕の皮膚疾患です。

女性で悩んでいる方も多いようですが、男性でも悩むのです。

ノースリーブやタンクトップを着ることに抵抗がありましたが、今は疾患の痕は全く残っておらず、二の腕が気になりません。

これも免疫力が正常に機能したものと考えています。


・逆流性食道炎

・胃痛

これらも若い頃から悩まされていましたが、気が付いたら完治していました。

ここまで完治すると規則正しい生活がどれほど重要か理解してくるようになります。



■よく言われている「まずは行動することが大事」について


リズムの乱れが軽度の場合はすぐに行動できることもあります。

しかし、リズムが大きく乱れてしまい精神面にも影響が出ている人は、そもそも最初の行動ができなくて悩んでしまうので「まずは行動することが大事」というアドバイスは適切ではないと私は考えています。


不規則な生活から脱却するために最初の行動をするにはどうすればよいのか。


マインドセットの構築か、独自のインプットか、手段は一人ひとり違ってきます。

ファルファージアで私と一緒に考えてみませんか?


----------------------------------------



ファルファージアの利用方法やご質問などは、ホームページの問い合わせフォーム、またはLINE公式アカウントからご連絡ください。


LINE公式アカウント


ファルファージア各種サービス



■著書の紹介

電子書籍、ペーパーパックにて出版しております。

心理カウンセラーの始め方【2023年版】: ~個人事業主としての心理カウンセラー~



閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page