検索
  • 早川美水

■店員にタメ口を使う人の心理とは

コンビニや飲食店でたまに見かける、

「店員にタメ口を使う人」

の心理状態について、今までの経験と照らし合わせて考えてみました。

皆さんも一度は見たことがあると思いますが、

店員にタメ口を使う人は、いくつかのパターンがあります。

飲食店で注文時に、少し威圧的なタメ口の人は、

そのカフェに初めて入った可能性が高いです。

「注文方法が間違っていたら恥ずかしい」

といった心理状態から、見栄を張ってそのような言葉使いになってしまうのですが、

これはプライドが高い人に多いです。

ちなみにこのタイプの人は仕事は遅いですが、ミスが少ないタイプです。

ミスを恐れるあまり、100%のものを仕上げようとするからです。

そして、これは年配の男性に多いのですが、

「店員よりも客が偉い」と思っている人も残念ながらいます。

店員さんを「アルバイトだから」と下に見てしまうんですね。

雇用形態で人を判断することはできません。

このタイプの人は、会社では中間管理職の場合が多いです。

役職に就いてしまったことが自信に繋がり、

自分よりも下の立場の従業員にタメ口を使ってしまいます。

相手が年上でも自分より立場が下ならタメ口です。

数十年前なら給湯室で陰口を言われるタイプです。

そしてもう一つ。

フレンドリーなタメ口な人も、たまにいます。

「初対面の人と早く距離を近付けたい」

という心理によるものです。

このタイプの人は、交友関係は「浅く広く」の場合が多く、

相手からの好き嫌いも別れます。

誰もが「早く相手と近付きたい」と思ってるわけではないので、

当然ですね。

会社では嫌われることはなくても、

煩わしさを感じてしまう人も多いかもしれません。

そして最後に、逆に店員さんがタメ口のときもあります。

私も経験があり、驚いてこちらもタメ口になりました。

このタイプも年配の男性が多いですが、年配の女性も結構います。

もうこれは「癖」です。

自分より若い人をかわいく感じてタメ口になる場合もあると思いますが、

基本「癖」です。

他にも様々なパターンがありますが、

長くなるので代表的なタイプを挙げてみました。

最後の最後に、田舎に住んでる方だと分かると思いますが、

駅員さんは必ずタメ口です。

タメ口以上のタメ口なので、友達と勘違いするほどです。

当然「癖」です。



「気軽な心理カウンセリング」をテーマにしている【ファルファージア】のLINE公式アカウントでは、メンタリズム心理カウンセリングや、メンタリズム糖質制限の無料サービスなど、お得な情報を配信しています。

ぜひ登録してみてくださいね!




https://lin.ee/rOgAbOM

30回の閲覧

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。