top of page
検索
  • 執筆者の写真早川美水

心理カウンセリングの革新

更新日:2023年12月17日

ファルファージアは心理カウンセリングの革新を目指しています。


大学などで学ぶ机上の心理学や、その他従来の手法にとらわれず、クライアント一人ひとりの抱える問題に対して創造的な解決策を見出だします。


具体的には心理学だけではなく、心理術、表情分析学、精神医学、哲学、宗教学、人類学、社会学、その他様々な学問を取り入れています。


一般的なカウンセリングや悩み相談の利用経験がある人は思い当たるかもしれませんが(私も利用経験があり深く傷ついたことがあります)、これらのサービスは問題に対しその場で回答をしてしまいます。

なぜなら、俯瞰できる角度をほとんど持たず、その角度が正しい角度だと思っているからです。

そしてマニュアル通りに対応します。


「悩み相談に電話したけど何も解決しない」

「オンラインカウンセリングを利用したけど、話しが伝わらない」


とよく言われるのは、対応している側がインプットの少ない「雇われている一般の人」または「資格ビジネスと知らずに民間資格を取得し、その知識のみでカウンセラーを始めた人」であることが多いからです。

ちなみに心理系の民間資格は数万円あれば誰でも取得できてしまいます。

※臨床心理士などは別です。


クライアントの問題に対して、そもそもその問題は何故起きているのかを把握しなければ、本当の解決には至りません。

ミクロな回答ではなくマクロな視点で抽象度を上げ、より解像度の高い回答が必要になります。


それらを行っているのがファルファージアです。


また、心理カウンセリングや悩み相談はクライアントとのコミュニケーションが重要です。

例えば、重要なスキルに倫理的な問題についての知識や、クライアントの権利に関する知識、アクティブリスニング、質問の仕方、適切なフィードバックの与え方などが挙げられますが、ファルファージアはこれらに表情分析学なども加えて対応しています。

そして、どこにプライオリティを置くかを熟考します。


そうすることにより、クライアントとのコンセンサスも確実なものになり、カウンセリングの効果も最大限に活かされます。


結果、寛解や解決に至ります。


人はそれぞれ異なる文化的背景を持っているので、クライアント一人ひとりに対し異なるアプローチが必要です。


そのために、カウンセラーには多種多様なインプットが必要になるのです。



----------------------------------------

ファルファージアの利用方法やご質問などは、ホームページの問い合わせフォーム、またはLINE公式アカウントからご連絡ください。


LINE公式アカウント


ファルファージア各種サービス



■著書の紹介

電子書籍、ペーパーパックにて出版しております。

心理カウンセラーの始め方【2023年版】: ~個人事業主としての心理カウンセラー~


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page